読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sister Ley Gt.オオシマトモヒロの日記

https://sisterleyband.wixsite.com/official

ジョン・ウエットン

会社からの帰り際、スマホtwitterを見ながら家路までの道を急いでいたら、ジョン・ウエットン死去の訃報を目にしました。

twitter.com

かなりショックです。facebookでジェフダウンズの追悼文とカールパーマーの追悼文も読んだのですが、ジェフダウンズのかなり長文の追悼文はちょっと泣きそうになりますした。

https://www.facebook.com/asiatheband/posts/1410244505654510

 

元々、クリムゾンとUKでのベースプレイ、それになんといっても英国的としかいいようのない曇り空のようなウェットな声のその歌唱は、高校生のころからずっと好きだったのでついに生で見れずに終わってしまったことに対して慙愧の念を堪えません。Asiaに関してはそんなにフォローはしていなかったのですが、改めてこれを機会に聴いてみようと思います。クリムゾンは、グレッグレイクのベースボーカルよりも断然ジョンウェットン派でした。

King Crimson Straless


King Crimson - Starless (OFFICIAL)

とりわけ好きだったのは、ライフタイムベストアルバムに絶対入るKing CrimsonのRedの曲たちだったのですが、四の五の言わずにまだ未聴のかたは、Starlessを聴けとしかいえないです。これのイントロのメロトロンとともに入ってくるベースの音からして完璧です。(しかもその後にフリップの至高のトーンのギター入りますし。)その後のSun down dazzling day...で始まるハスキーでウェットな歌もメルコリンズのサックスと絡んでいてそれはそれは、最高です。4分半から始まる減五度音程が絡んだベースリフとその後に続くにつれ段々ファズがかっていくベースも聴くとフリップのギターがチョーキングし始めるあたりで最高にハイになりますね。その後のサックスの入った後の貯めた後のメロディアスなベースプレイとその後の短いギターソロとイントロに戻るけれど音色はファズがかったまま興奮がピークでっていうのもヤバイとしか言いようがない。(高校のころオーケンではないのだけれど狂ったようにこの曲を聴いていたのですが今まで聴いてきてこの曲って本当にけちをつけるところが一切ないのです。)まさに、理想のベース音で理想のベースプレイで理想の曲で理想のボーカルでした。(今回は、ベースにばかりこっているのだけれど言わずもがなブルッフォードのプレイも超最高です。)

 

King Crimson Fallen angel


District 97 with John Wetton - Fallen Angel, Live in New York 2013

後は、このアルバムでの歌唱でとりわけ好きなのは、この曲。(ぜひ未聴の方はスタジオ版でのすばらしいアレンジと歌唱を聴いて欲しい、このライブ版は声は良いけどバックの演奏が原曲の雰囲気を全然出せていない)一番好きなところは、四拍子から三拍子になるギターのアルペジオとその後のヤバイドラムと素晴らしいギターの裏メロでバックアップされたFallen angelのところがかなりヤバイです。

この曲の歌詞、クリムゾンぽっくない神秘思想感覚や幻想的なところが一切なくて、都市生活者のアウトサイダーの希望のない感じで唯一で特殊な曲なのですが、それもまた良しです。2番の歌詞だけちょっと引用して和訳してみましょう。

Lifetimes spent on the streets of a city
Make us the people we are
Switchblade stings in one tenth of a moment
Better get back to the car

Snow white side streets of cold New York City
Stained with his blood it all went wrong
Sick and tired blue wicked and wild
God only knows for how long

 

生涯を街の片隅で過ごしてきたことが俺らのような人間をはぐんできた。

0.1秒の瞬間、バタフライナイフの一刺し。車に戻ったほうが良かったのに。

冷たい雪の白いニューヨークの街角は、彼の血で汚れた。そうヘマをしてしまった。

病んで青い顔をした邪悪で野卑な男の余命は、神のみぞ知る。

 

レイモンドチャンドラーみたいですよね、なんだか。

そんなところも好きな曲です。今日は一日この曲とスターレスを聴こうと思います。

 

 

 

 

 

デヴィッド・ボウイ展 空から落ちてきた男のラビリンス

閑話休題デヴィッド・ボウイ展に行ってきました。

熱心なデヴィッド・ボウイファンとは言う訳ではないのですが、併せて映画も見たいしUKロックの歴史を考えてみるとこれを機会に改めて回顧して聴いてみたいなと。そんな属性ではあるのだけれど、好きな曲はあります。

一番好きなのはこれかな。


David Bowie - Life On Mars (2016 Mix)

ピアノがリック・ウェイクマンだった気がする。(間違っていたらごめんなさい)さもありなんというリックがあるので多分間違いないかなとは思うのですが。この時期のサバスのアルバムでも弾いているウェイクマンのプレイがイエスでのプレイよりも好きだったりします。トニーヴィスコンティの派手な弦のアレンジも後半につれてトーンアップしていってかなり好きな曲。歌詞もいいですよね。

It's on America's tortured brow
That Mickey Mouse has grown up a cow
Now the workers have struck for fame
'Cause Lennon's on sale again

一部引用になりますが、このくだりとかリリカルで好きです。

 

そんな展覧会ですが、とてもよかったです。逆にボウイの大ファンじゃなくてもあの時代の英国ロックが好きな人とかにもいい感じ。時期に分けて衣装やビデオ、楽曲の直筆の譜面や走り書きやポートレート類が展示されているのですがかなりのボリュームで。特にジギースターダストの項が顕著ではあったのだけれど、宇宙開発の世相についても補足があったり、当時の風俗論として流行りものとしてトム少佐が呼びかける曲を書い他みたいな感じでコンテクストが読み取れた(しかもそれが最初のヒット曲という)ある意味一発屋に陥ってしまった可能性もあったSpace oddity。その後のジギースターダストからのベルリンへの流れ。順を追ってみていくの興味深い体験でした。あと、まさかのクラウスノミの衣装とかも展示されてるから笑、あの時代の英国ロック好きは絶対見に行ったほうが良いです!(ボウイ展が今後あるとしてもクラウスノミに関する展示が今後日本ではあるとは思えない笑)

あとこれは余んですがボウイのマネキンがいっぱいあるのですが、滅茶苦茶スタイルが良くてコルセットを締めているのかってくらい腰が細くて脚が超長いので本当に同じ人類なのか!と思ってしまったりします。

 

f:id:sorrow-swallow:20170125125424j:plain

あと、カフェの飲み物がジントニックとかチップスとか英国パブ仕様になっていて滅茶苦茶アルコールが美味しくて長居しちゃいました。ここおすすめ。開催施設の寺田倉庫の配管剥き出しの感じも相まってちょっとデカダン

 

f:id:sorrow-swallow:20170125125502j:plain

さよならボウイ。開場を後にします。

ギターアレンジ論2

soundcloud.com

 

こちらが拙作のデモテープになります。題名もNewsong01【仮】です。こちらの構成からまずは分析していきましょう!音源の各パートは、ピアノ・エレキギター・ボーカルラインのシンセ・ドラムとなっています。

■構成 全て4/.4

■drum fill 1小節 ドラム4拍目からのスネアリムショット1発

■guitar intro  8小節 ギターによるイントロフレーズ

■1A 16小節 ボーカルイン平歌。

■1B 8小節 ボーカルサビ前Bメロ。

■1Chorus 9小節 ボーカルサビ歌。

■guitar bridge  8小節 ギターによるイントロリフ反復。

■2A 16小節 ボーカル平歌・ギタードラムバッキング変化。

■2B 8小節 ボーカルサビ前Bメロ。1Bと同様。

■2Chorus 9小節 ボーカルサビ歌。

■brake 1小節 全楽器ブレイク。

■guitar/key bridge 16小節 歌なしインストパート。

■3Chorus 9小節 ボーカルサビ歌。

■outro 8小節 ボーカルCメロ。

 

今回の2では、Bメロ前までのアナリーゼをしていきましょう。

■drum fill 1小節 ドラム4拍目からのスネアリムショット1発

最初は2拍目半から始まる一瞬ビートを失調させる感じのリズムを考えていたのですが、全体にメロ中心で綺麗にまとめる方針に変更したのでポリスの見つめていたいや割とバラードで多用される4拍目スネアに変更。

■guitar intro  8小節 ギターによるイントロフレーズ

ギター Dmaj7の分散和音基盤のフレーズ

鍵盤和音 Bm9th/F#  / Bsus4 9th / Aadd9 /Dmaj7 9th

ベースライン G / A / B / F#/

頻雑になってしまうのでベースラインと和音を分けます。

厳密にいうと1小節目に関しては、鍵盤の和音とベースがぶつかっているのですが、これが適度なテンション感になっていて二つ目の和音で解決感があるのでOKとしています。(上物がDmaj7の分散和音基盤なんで推進力が高いのでそこまで違和感ないってのもありますが。)

■1A 16小節 ボーカルイン平歌。

ギター・鍵盤和音 Bm9th/F#  / Bsus4 9th / Aadd9 /Dmaj7 9th

ベースライン G / A / B / F#/

ギターは、Eをペダルにして引いているのでB4度のペダルで浮遊感とテンションを高めているのですが、ボーカルラインが安定した上下高なので程よいテンション感に。厳密にはここもぶつかっているのですがロックだと程よくぶつけた方が良い感じ。

最後は移行時にオクターブを上げたDmaj7基盤のフレーズで重たいコード進行の後に解放感を高めています。

 

2回目は、いかがでしたか?間奏をお待ちしております。次回はさらにBメロとサビをアナリーゼしていこうと思います。

 

 

 

 

 

ギターアレンジ論1

バンドをやっています。パートは、ギター。こう書くと照れがあって恥ずかしいですが。

今は、メンバーが固まり曲のアレンジを年末に仕上げていました。今やっているバンドは、以前はギターが二人、ドラム、ベース兼ボーカルが一人という編成でしたが、ギターが一人になりかわりにピアノが入っているというのが現況です。以前の楽曲はギター二人なので音圧の担保が楽にできたのですがピアノ主体でクラ上がりのピアノさんに変更になったので今回のアレンジのコンセプトは音圧を担保しつつもギターのリードとピアノのオカズを有機的に絡ませるということになります。ピアノを主体にしてコードで音圧のみだけ担保するという方法論ではアンサンブルがいかにも量産型になってしまいますので笑、かつリードの時バッキングのギター音が薄くなるのはvan halenの1stみたいで潔い感じにはなりますが、実はバンドがシューゲイザーのバンドで、かつ弾きながら歌うベースがあまり音数を増やせない。でも、ちょこちょこリードを弾きたいというワガママもあるので笑

本稿ではコンセプトを説明したので次回以降、音源を交えつつ紹介していきましょう。

 

 

時に四月に雪は降るのねと彼女は言った。

過去の話ばかりで去年に対してオブゼッションがある人みたいなのだけれど、去年の12月にプリンスの追悼上映会に行ってきました。

 

f:id:sorrow-swallow:20170110220854j:plain

 

タイトルは、プリンスがなくなった時にエリカバドゥが言った言葉なのだけれど。今回みた映画は、sign of the times。Zepダイバーシティの音響でみるsign of the timesは、素敵な体験でした。特に改めてこの時期のライブを見るとシーラEのドラムスのパワフルさと手数の多さとグルーブがいい音響で聴くと白眉と言わざるを得ない感じで。それとキャットとシーラEがプリンスを囲んで張り合ってバチバチやってるテンション感が抜き差しならぬ緊迫感をライブに与えている気がします。あと、このライブでプリンスがサングラスをかけてるシーンがあるのだけれど、あのサングラスが超かっこいいので欲しいので誰か情報を下さい。

 


Sign Of The Times Prince

 

まあでも能書きはおいといてもこの曲のギターとボーカルしょっぱなからヤバくて、超好き。そんなミーハーな感想。それではごきげんよう。

 

 

 

モナドの領域

不勉強ながら、筒井康隆さんって実はあまり読んだことが無くて。馴染みの古本屋さんでふと見つけたモナドの領域って本を買いました。

帯がついてたんですが、"わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇"って書いてあったのですが、こういうかまし方が好きなので笑。 個人的には購入するときのプライオリティが高いので帯はなるべくかまして欲しいです。笑

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%83%89%E3%81%AE%E9%A0%98%E5%9F%9F-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4103145323

内容は、バラバラ殺人の話が最初おかれていてサスペンス?っていう風に始まったのですがそれは枕のようなもので。(これ自体はさほど構成上重要ではないのですが最後には種明かしされます。)その後、パン屋でバラバラ殺人のバラバラにされた手にそっくりなバケットが売られる。っていうのが出だしです。この出だしだけで初めてよんだのですが、ゴリっと引きずり込まれました。繰返すようにサスペンスではないのですが。

この本は、最初読んだときの感動を大事にして欲しいのでその後の展開は、言及しませんが全知全能な存在と神学論争をした場合にどうなるのか?といったことを描いてるのですがこれが老成したSF作家の矜持であり教示でもあるかのようになぞらえられてとても素敵でした。と言及しておきます。

 

最近は、もっと読みたくてネットでやってるブログも読んでます。

笑犬楼大通り 偽文士日碌

 

 

ブルーに生まれついて

去年のクリスマス、この映画を見に渋谷の文化村へ。

 

Born to be blue

 

去年は、アニメーションもマスターピースが一杯ありましたが、音楽映画もまた豊穣な取れ高がありましたね。この映画は、結構話題になっているのでストーリーラインの解説はしないんですが、結構奇妙な映画でした。夢と現実が混濁して失調めいた感覚に陥りやすいというか。

最初は、バードランドでチェットが初公演をしてモノクロームでマイルスなどと邂逅するところが描かれているのですが、それが終わると部屋でヘロインをきめるチェットベイカーになっていてそれ自体が映画の撮影シーンでカットがかかり、主演女優を口説きにかかってるという構成になっているのです。この叙述トリックめいたかましが最初にあって時間軸が少しシンコペーションしたまま後のストーリーが展開されていくというか。(ちなみにこの映画のシーンは、後半まったくでてこないのでsus4めいた未解決感で放り投げます。)

映画自体は、チェットベイカーの伝記映画風ではあるのですが、脚色されてこんないい時間も彼にはあったらなぁという監督の願望が色濃くにじんでいて巧く現実の後半生につなげて終わります。

音楽映画ではあるのですが少しデビッドリンチめいた白昼夢を見た気分になりたい方、おススメです。

 

現実のチェットベイカーの破滅的などうしようもなさを知りたくて、終わりなき闇というチェットベイカーの伝記を探しているのですが廃盤で古本も手に入らない(きっとこんなろくでもないのが彼であるはずがないと本を読んだ人も移入しているのであろうか。)ので、図書館でこれも読んでみようと思います。

それでは、ごきげんよう。