Sister Ley Gt.オオシマトモヒロの日記

https://sisterleyband.wixsite.com/official

勝手にインスタグラム

業務多忙により、

写真で振り返るここ最近。

明日から頑張る…


f:id:sorrow-swallow:20171031204545j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031204614j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031204657j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031204721j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031204822j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031204851j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031204910j:plain

f:id:sorrow-swallow:20171031205009j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205045j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205121j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205213j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205251j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205324j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205451j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205514j:plainf:id:sorrow-swallow:20171031205609j:plain

NEWS RAP JAPAN

アベマTVって(無論、いい意味でのエクスキューズとして前置きして。)

昔の昭和のテレビや実話ナックルズ、80sのビニ本的な何でもあり感や、サブカル感盛沢山企画をやっている感じでついつい最近作業の手を止め見てしまいます。。。

・・・映画泥棒ならぬ、時間泥棒ってやつでございますね。

やたら、関東連合特集や中核派とかの過激派特集とかも見かけたりで意外と編集担当わかってんじゃーん的な感じもあります。

 

その中でも特に好きな番組がありまして。これです。

1ヶ月内でタイムシフトで何度も見ちゃったりします。

abema.tv

 

宮台真司とかがゲストで出てるのもツボなんですが、(ゲンロンカフェ位でしかみないもんね90年台とは違って・・・)

これ結構、脱力しちゃう題材を時事ねたに沿って肯定否定に沿って2コーナーに分かれてラップでディスカッションしちゃうのが結構たまにめちゃくちゃ無理やりな理屈で押しとおったりしてて結構いいです。

(新モンスターになった呂不カルマや崇勲の無駄遣い感もいい感じwww)

今、見れる範囲だとSPEED今井絵里子は、一線を越えたか超えてないかの2コーナーに分かれるやつと、安部昭江or稲田朋美選ぶならどっち?

とか結構お腹がよじれそうになるので、おススメ。

やってるラッパー本人(リポーターならぬラポーターです。)も、結構たまに半笑いになっちゃってるのでこんな面白い番組がもっと広まっていったらいいなーなんと思っております。さらに贅沢を言うと、最初のたっぷり2時間編成でみたいぜ。

 

 

CRCK/LCKSの衝撃

突然ですが、いつものようにyoutubeをディグっていたら

こんな感じのいい感じのバンドを今更ながら発見しました。

■公式サイト

http://crcklcks.blog.fc2.com/

何か、聴き覚えのある声だなーと思ったら、シャーマン狩りの小田朋美さんがボーカルをやっているバンドだったんですね・・・!

シャーマン狩りのアルバム自体は、結構好きで(特にラストのカムダウンモーゼがヘビロテでした、天井桟敷版のピンクフロイド和風風味よりも詩はまったく同じテーマなのに違った雰囲気をかもし出して説得力を持っているなーと感心しきりでした。)

が、滅茶苦茶活動自体を追っかけている訳ではなかったので、こんないい感じのバンドをやっているとはー。そして、やっぱエレキ楽器好きなのでアンサンブル的にもこっちのがいいじゃんと!好みに思った次第です。ソロ活動のときよりもアンサンブルで昔のバンドっぽいケミストリーが生まれているなーと(ちょっと馬鹿の子のような論調wなのではあるのですが。)

 

軽く、ネット上で読める記事をまとめてみました。

 

■インタビュー記事

qetic.jp

CRCK/LCKSインタビュー - JJazz.Net blog

■2ndアルバムの紹介ページ

spaceshowermusic.com

 

ジャズ系の若手奏者たちがあつまって作ったバンドではあるのですが今ジャズ以降のリズムアプローチを踏まえてはいるのですが、このバンド滅茶苦茶JPOPっぽいのですよ、メロディーが。何か最後のロストワンピースという感じで。ついに今ジャズ咀嚼してJPOPに完全に昇華させたなーって感じで何回感心しきりかはわからないのですが、感心してしまいました。それとリズムアレンジとすばらし過ぎるドラム。これは、こんなん滅茶苦茶いいし、滅茶苦茶売れてほしいなーと素直に思っちゃう位よかったです。

 

そんな僕がこちらのCRCK/LCKSにはまった曲はこちら。

www.youtube.com

かるーく脱臼したような16ビートのイントロのキメのリズムアレンジからいいですよね。そして、年収3000万円の哀愁なんてしったこちゃないけど~ってフックであぁこれはいいって思考停止でもうこの時点で次の日、ミニアルバム2枚でてるやつタワレコでCD買っちゃいました。

久々、いい盤に会えました~。

CD買いましょう!

 

Lighter

Lighter

 
CRCK/LCKS

CRCK/LCKS

 

 

 

ポップスリスナーノ為ノ今更V系入門:Miyavi編

今更感はあるのですが、実は結構V系にも詳しかったりするのですが、

今回から数回、こんな感じでちょっと一般音楽リスナーにも食いつきやすい音楽を紹介して行こうと思います。意外とこういう切り口で隙間産業をしてみようという。

 

第一回は、もうメジャーなフィールドにいるといっても過言ではないこの大御所ギタリスト様です。最早、ワールドワイドですもんね。

PSカンパニーのころからはこんな所まで高みに行くとは思ってなかったっす

最近は、ハリウッドで映画俳優さんもやってるんでしたっけ?

 

僕が一番好きな曲は、これ。

www.youtube.com

ベースのようにギターをスラップして弾くのですが、リフ自体も開放とスライドの美味しいニュアンスをうまく活用していてかっこよいんですよね。マジで。後、この時期ストイックにMOBOさんと二人でやってるんですが、スカスカだけどタイトで超かっこいいんですよね。しかも、ギターのニュアンスがドラムンベース通過後のブルースみたいな感じでヤバイです。

 

・・・確か、レコード会社移籍して第一弾がこれでかましてきたなーと超今までの感じから離れていてビビったのを思い出します!

 

この時期だと、この曲も良い。

www.youtube.com

モーダルな曲調でブルージーなリフがハウンドドッグテイラーを現代風にアップデイトしてドラムンベースにした感じでかなり硬質なギタートーンもあいまっていいですよね。

 

最近の曲も一応チェックしているのですが、EDMっぽくなり過ぎてもっとギター弾いてくれよ~とギター的には思っちゃいます。あと、本質的にはスカスカのほうがギター的にも声的にもあってるぞと思っちゃいます。

 

www.youtube.com

 

といっても僕がEDM苦手なせいかもって思っているのですが・・・

ギターが聴きたい・・・。

 

昔は、こんな見た目でこんな曲をやっていたのですが、結構この時期はその界隈以外では超ノーマークだったのだけれど、ギター及び曲調は独特の感じでした。声もJAPAN系のねっとり系ボーカル(これが多分一番でかい参入障壁でもあり、納豆的魅力でもありますよね)Vじゃないので今聞いても曲調はVROCKよりだけれど、結構オツでもあります。

一番、90年代マナーの曲調のやつで不思議な取り合わせで興味深い曲はこれです、元ネタをftするところとかヒップホップ感覚っぽいすよね。

www.youtube.com

 

あと、一時期、アコギ主体だった時期があってこの時期の曲が結構今聞いてもよいです。ドスが聴いててこの時期が一番ブルースによってたのですが、見た目とのギャップがすごいというw

www.youtube.com

この時期のアルバム見た目これで、

殆どブルースなんで結構不思議なんで

アハ体験としてぜひ聴いてみてください~

 

[雅-みやびうた-歌]~独奏~

[雅-みやびうた-歌]~独奏~

 

 

 

プリンス公式Youtube

本人が存命中はなかったのですが、ついにこんなものが。

パープルレインのデラックスエディションに合わせてでしょうか。

(・・・未発表曲がいい感じらしいので、そのうち買おうw)

www.youtube.com

 

今までだと、プリンス映像ってニコニコでしかほぼ閲覧できなかったので、

すっげー衝撃的です・・・みんなもバスタブから這い上がってきて、

鳩が飛ぶwhen the doves cryを見よう~。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ギターの音とフレーズやっぱ好きだな~。

夜電波イベントにいってきたよ。

どうもお久しぶりです。(仕事超多忙により、ブログがなかなか書けなかった笑)

先日の日曜に、菊地さんがバルトナインでおしゃべりしながらスライドショーを流す

という結構ストイックな夜電波のイベントに行ってきました。

f:id:sorrow-swallow:20170704143127j:plain

 

内容は、SNSがNGだったのですが、(結構これまずいなーってところをいいたい放題だったのでw)楽しかったですが、書けないっす。

最後、DJでキャプテンビーフハートをかけながら、歌舞伎町を歩く映像を流していたんだけど、これめちゃくちゃ良かったです。やっぱ歩く映像っていいですね。歩く映像好きなんだけど、手振れがきつくて三半規管が弱いせいではきそうになるのなんとかしたいなーと思った夜でした。

 

今週からは、週2回の更新を目指してがんばっていきたいです。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和九十年に現実が追いついてしまったよ。

お目汚しすいません、

私のバンドのサイトです、もしよければ超自信あるのでビデオチェックしてください。

sisterleyband.wixsite.com

 

さて、本論です。

昔からアーバンギャルドが好きで、

メジャーデビューした後で一番好きなアルバムが、こちらです。

昭和九十年(初回限定盤)

昭和九十年(初回限定盤)

 

(前置きとしてこの記事はよくあるインディーの頃はよかった的な話ではないです。)

このアルバムは鍵盤がおおくぼけいに変わった後、架空の昭和九十年をテーマに制作されたアルバムになります。そして、僕がアーバンギャルドで一番メジャーに行ってこれを作るのかー、だったらメジャー流通だよなとハラ落ちしたアルバムでもあります。

(谷地村さん→おおくぼけいへの移行は、現在のアーバンギャルドで作ってる音楽性の方向性の変遷からは個人的にはキッカケはあれですが・・・メジャー感漂い、良い意味で王道でファンキーなマスに訴えかけるアレンジがはまってるかなーと。

インディーズ時代は、よくもわるくもノイジーで捻ったパターンは多かったけど、この鍵盤のアレンジが一皮向けた感じでよい感じ。

 

何はともあれ、この曲を聴いてみてください。

個人的には北朝鮮のミサイルの話が出ると脳内再生されます。

 


アーバンギャルド - くちびるデモクラシー URBANGARDE - KUCHIBIRU DEMOCRACY

 

冒頭の逆再生?っぽい会話がすごい音質的にもゲッペルスの総力戦演説っぽくて、

すごい不穏で期待値をあげますよね、ここすごい上がります。 

それと冒頭のフックのメロディーで大ネタではあるのですが、

軍歌の同期の桜を引用してるのもニクい。

サビ前のデミニッシュっぽいフレーズとちょっとメタル王道っぽい下降進行にのせてギターソロ、鍵盤ソロに入っちゃうところが音楽的にも不穏感を煽っていて楽曲的にも効果的であります。(ちょっとこの辺のアレンジはナイトウィッシュっぽい)他の部分は、昭和歌謡っぽいコード進行基調ですが、太いアナログシンセでちょいノイジーにベースラインをいれてるのがかろうじてテクノポップっぽさを残している感じ。

 

でもやっぱ、演説の部分が好きです。

一部引用しちゃいます。

時に戦時中、世界はメイキング中。
液晶を覗いてばかりいる国民たちには知らされていない、
既に戦争が始まっていること。
既にみんな、幽霊だってこと。言葉を、殺すな

このアルバムは、架空の昭和九十年をテーマにしていましたが、現在のリンク状況がやばいっすよね。ミサイルでメトロが止まるんだもん。めっせーじも個人主義的で好きなんですよね。最終的には世界系っぽいのだけどあなたとわたしで完結するのが潔い。

 

でも、本当に数年前には想像がつかない状況であります。そんなことを思いながらPAC3が配備されているのは防衛省のある市谷だからミサイルが飛んできたら新宿方面に逃げよう~と考えています。